iMovieビデオレンダリングエラー? –簡単に修正しましょう

私は常に経験しています iMovieビデオレンダリングエラー 私のMacで。 これは、カメラを使用して記録されたいくつかのビデオをマージしようとしたときに発生します。 エラーには「ビデオレンダリングエラー10008「。 興味深いことに、YouTubeで同じ動画を共有すると、同じ問題が発生します。 このエラーを修正することを知っている人はいますか?

iMovieビデオレンダリングエラー

上記の質問はあなたに当てはまりますか? 同じエラーがあるので、この記事を読んでいますか? さて、あなたを暗闇に残さずにこの問題を修正する方法を学びましょう。 実際、このエラーは、破損したビデオの結果として表示される可能性があります。 ファイルシステムが破損しているため、Macにインストールされているアプリケーションはファイルシステムを認識しません。 このため、どのアプリケーションを使用してもビデオをレンダリングすることはできません。 このような問題が発生するたびに、10008コードでiMovieビデオレンダリングエラーが発生します。 それに加えて、どのプラットフォームでも同じビデオを共有することはできません。

言うまでもなく、それはあなたを本当にイライラさせる可能性があります。 最終的な出力が見えないので、すべてのハードワークが無駄になっているように感じます。 ただし、良いニュースは、この記事がそれに対処するためのソリューションで構成されていることです。 解決策とは別に、このエラーの背後にある最も一般的な理由をリストします。


パート1:iMovieビデオレンダリングエラーの背後にある原因は何ですか?

前述のように、iMovieビデオレンダリングエラーの背後にある理由を学びましょう。 この知識は、ビデオに何が起こったのかを理解しようとするときに役立ちます。

PS:あなたが問題に直面している場合 iMovieはエクスポートされません、ここにあなたのためのトップソリューションがあります。 そして、完全についてもっと読む iMovieとFinal Cut Pro 比較。

レンダリングしようとしているビデオファイルのパーツまたはフレームが破損しています。

一部の動画では、黒いフレームが表示される場合があります。 このようなフレームは、さまざまな理由で発生する可能性があります。 ビデオ全体をフレームごとに確認することで、それを確認できます。 このようなフレームが表示された場合、それがiMovieのレンダリングエラーの背後にある理由です。 文字やグラフィックの代わりにこれらの空白の画面は、ビデオの決定的なエラーを意味します。

その上、実行する方法を理解しましょう MP4ビデオ修復 方法 MP4をiMovieにインポートする 簡単に。


パート2:iMovieビデオレンダリングエラーを修正するための最も実用的な解決策 

記事のこのセクションでは、iMovieのビデオレンダリングエラーを修正する方法について説明します。 実際、状況に合った最適な方法を選択できるように、いくつかのソリューションについて説明します。 また、これらすべての方法を試す必要はありません。 これらの解決策をXNUMXつずつ試して、問題を修正してください。

01.破損したフレームを削除して、iMovieビデオレンダリングエラーを修正します

前に説明したように、このエラーの主な原因は、ビデオ内のブラックアウトまたは破損したフレームです。 これらの破損したファイルの結果として、iMovieはビデオをレンダリングできなくなります。 したがって、最初の最も基本的な解決策は、破損したフレームを取り除くことです。 適用した可能性のあるトランジションが原因で、ビデオの破損またはブラックアウト領域が発生する可能性があります。 それで、最初にそれに対処しましょう。 まず、黒くなった領域を移動する必要があります。 これを行うには、黒いフレームが表示されるまで、ビデオ全体をフレームごとに観察する必要があります。 それに加えて、プレビューするとビデオのちらつき効果に気付くことができます。 ここでXNUMXつの解決策を試すことができます。 それらのフレームを切り取るか、新しいフレームと交換してください。

これらのオプションを試した後、ビデオをもう一度レンダリングして、機能するかどうかを確認することになっています。 ただし、レンダリングが完了したら、レンダリングされたそれぞれのビデオを削除しないでください。

これで問題が解決しない場合は、次の手順に進んで、機能するかどうかを確認する必要があります。

02.それぞれのビデオクリップがプロジェクトから削除されているかどうかを確認して、iMovieビデオレンダリングエラーを修正します

多くのユーザーにとって、プロジェクトで使用されているビデオを削除すると、iMovieビデオレンダリングエラーが表示されます。 したがって、それぞれのビデオが保存されているかどうかを確認する必要があります。 万が一、レンダリングが完了した後でそのビデオを削除した場合、エラーが発生します。 その結果、MacでiMovieビデオのレンダリングエラーが発生します。 ビデオをレンダリングしようとすると、ファイルの作成に使用されたすべてのビデオクリップが存在する必要があります。 これらのファイルは、最終出力を形成するために必要です。 一方、レンダリングは「描画」現在のビデオクリップを使用してビデオを作成します。 したがって、レンダリングする前の場所にビデオクリップを保存することを強くお勧めします。 次に、レンダリングを再試行する必要があります。

それとは別に、ファイルの場所を変更した場合にも同じ問題が発生する可能性があります。 プログラムは、ファイルを別の場所に移動した場合、それぞれのファイルが存在しないことを認識します。 最終的には、iMovieビデオのレンダリングエラーが発生します。 この場合、ファイルを元の場所に戻し、レンダリングゲインを試す必要があります。

03.プロジェクトが異なるファイル形式で構成されているかどうかを確認してiMovieビデオレンダリングエラーを修正します

次の解決策は、プロジェクトにさまざまな種類のビデオファイル形式があるかどうかを確認することです。 さまざまなソースからビデオクリップをインポートした場合、それらはさまざまな形式である可能性があります。 この問題に対処する唯一の方法は、これらすべての形式をXNUMXつの互換性のある形式に変換することです。 それらを単一の形式に変換した後、それらをもう一度レンダリングできるはずです。 ファイル形式が問題だった場合は、この段階で解決する必要があります。 信頼できるツールを使用して、ファイルを好みの形式に変換してください。

ちなみに、もっと学びましょう iMovieで画面を分割する方法 簡単に。


パート3:iMovieに関連するその他の一般的なレンダリングの問題

実際、ビデオを操作するときに遭遇する問題は、iMovieのビデオレンダリングエラーだけではありません。 あなたを悩ませるかもしれない他のいくつかの問題があります。 私たちの記事のこのセクションでは、あなたの情報のためにそれらも説明するつもりです。 この知識は、iMovieアプリケーションで何が起こっているのかを理解するのに役立ちます。

•iMovieがファイルのエクスポートに失敗する

このエラーは、Macに十分なスペースがない場合にトリガーされる可能性があります。 また、破損したファイルや誤ったファイル名が原因でファイルのエクスポートに失敗する可能性があります。

•iMovieエラー50

これは、OS自体のエラーが原因で発生する可能性のあるもうXNUMXつの非常に一般的な問題です。

•iMovieのパフォーマンスが遅い

同時に実行するプログラムやコマンドが多すぎると、iMovieのレンダリングに通常よりも時間がかかります。 したがって、通常の速度レベルに戻すためにそれを行うことは避けてください。

•歪んだファイル

一部のユーザーは、作業中のファイルをレンダリングした後、ビデオ出力が歪むと言います。 このエラーの背後にある主な問題は、誤ったエクスポート構成を使用していることです。 この歪みは、オーディオファイルでも確認できます。


ボーナスソリューション

これまで何もうまくいかなかった場合は、プロのツールを検討する必要があります。 ここで使用するツールはWondershareです Repairit。 それはビデオファイルを修復するという点で素晴らしい仕事をすることができる優れたビデオ修復ツールです。 新規ユーザーにとってもとてもフレンドリーなソフトウェアです。 このツールは、さまざまなエラーが発生したビデオを修復できる非常にスマートなアルゴリズムで構成されています。 そうは言っても、あなたは以下の手順に従ってビデオを修正することができます Wondershare Repairit ビデオ修理 ツール。

  • 修復プロセスを開始する前に、障害のあるビデオのコピーをPCに保存してください。
  • それが済んだら、Wondershareをダウンロードしてインストールする必要があります Repairit お使いのコンピュータで。 次に、アプリケーションを起動して、メインインターフェイスを確認します。
  • 「オプション」をクリックします追加」を使用して、修復する必要のあるファイルを追加できます。
Repairit
  • その後、コンピュータにすでに保存されているファイルに移動します。 実際、このボタンをクリックすると、修復プロセス用に複数のファイルを追加することもできます。
  • ここで、「修理に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」
Repairit
  • 次に、「プレビュー」と呼ばれるボタンを押しますセールで節約に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」
iMovieビデオのレンダリングエラーを修正 Repairit

作業が完了したら、修復したビデオファイルをプレーヤーで開くことができます。 プロセスが正常に完了すると、問題なく再生できるようになります。 前述のエラーメッセージは表示されなくなります。

上記のすべての手順を試しても同じエラーが発生する場合は、どうすればよいですか? さて、この場合、あなたはあなたのコンピュータ(オペレーティングシステム)に何か問題があるかどうかをチェックするべきです。 場合によっては、システムエラーにより、使用するアプリケーションでさまざまな問題が発生する可能性があります。 したがって、システム修復ソフトウェアをダウンロードすることを強くお勧めします。 そうでない場合は、OSの再インストールを検討することもできます。 OSを再インストールすることで、ソフトウェア関連の問題をすべて克服することができます。


結論

さて、修正 iMovieビデオレンダリングエラー 上記の方法を使用して実行できます。 これらの方法はすべて実用的であり、その有効性がテストされています。 したがって、Macでこのような問題に気付いた場合は、この記事をガイドラインと見なすことができます。 この件に関してさらに質問がある場合は、お知らせください。 私たちの専門家はすぐにそれに出席します。 がんばろう!