iMovieビデオのレンダリングエラー?- 簡単に修正しましょう

を常に体験しています。 iMovieのビデオレンダリングエラー を使用しています。この現象は、カメラで撮影した2つのビデオを結合しようとしたときに起こります。エラーの内容は "ビデオレンダリングエラー 10008".興味深いことに、同じビデオをYouTubeで共有しても同じ問題が発生します。このエラーを修正する方法をご存知の方はいらっしゃいますか?

iMovieビデオのレンダリングエラー

上記の質問はあなたに当てはまりますか?同じエラーが出ているからこの記事を読んでいるのでしょうか?では、この問題を放置せずに解決する方法をご紹介しましょう。実はこのエラーは、動画が破損した結果として現れることがあります。ファイルシステムが破損しているため、Macにインストールされているアプリケーションが認識できないのです。そのため、どんなアプリケーションを使っても、ビデオをレンダリングすることができません。このような問題が発生すると、iMovieのビデオレンダリングエラーが10008のコードで表示されます。さらに、どのプラットフォームでも同じビデオを共有することができません。

言うまでもなく、それは非常に苛立たしいことです。最終的なアウトプットを見ることができないので、すべてのハードワークが無駄になったように感じます。しかし、この記事では、このエラーに対処するための解決策をご紹介します。解決策とは別に、このエラーの背後にある最も一般的な理由をリストアップします。


第1回iMovieのビデオレンダリングエラーの原因は何ですか?

前述したように、iMovieのビデオレンダリングエラーの原因を学ぶことを進めましょう。この知識は、ビデオに何が起こったのかを把握する際に便利です。

PS:もし、あなたが以下の問題に直面しているなら iMovieが書き出せないとのことですが、ここではトップソリューションをご紹介します。そして、フルの続きを読む iMovieとFinal Cut Proの比較 の比較を行いました。

レンダリングしようとしているビデオファイルの一部またはフレームが破損しています。

一部の動画では、黒枠が発生することがあります。このようなフレームは、さまざまな理由で発生します。それは、動画を1コマずつ見ていけばわかります。もし、そのようなフレームが表示されたら、それがiMovieのレンダリングエラーの原因です。文字やグラフィックではなく、そのような真っ白な画面は、ビデオの決定的なエラーを意味します。

を実行する方法を考えてみましょう。 MP4ビデオ修復 そして、どのようにして MP4をiMovieに取り込む を簡単に行うことができます。


パート2:iMovieのビデオレンダリングエラーを修正するための最も実用的な解決策 

ここでは、iMovieのビデオレンダリングエラーを修正する方法を説明します。実際には、いくつかの解決策を説明していますので、自分の状況に合った最適な方法を選択してください。また、これらの方法をすべて試す必要はありません。これらの解決策を1つずつ試して、問題を解決してください。

01.iMovie動画のレンダリングエラーを修正するために、破損したフレームを排除する

前に説明したように、このエラーの主な原因は、ビデオ内のブラックアウトまたは破損したフレームです。iMovieは、それらの破損したファイルの結果として、ビデオをレンダリングすることができません。そこで、まず基本的な解決策としては、破損したフレームを取り除くことです。映像の破損や黒つぶれは、適用したトランジションが原因で起こることがあります。そこで、まずそれに対処しましょう。まず、黒くなってしまった領域を再配置しましょう。そのためには、黒枠が見えるまで、映像全体を1フレームずつ観察する必要があります。それに加えて、ビデオをプレビューしたときに、ビデオにちらつきがあることに気づくでしょう。ここでは、2つの解決策を試すことができます。それらのフレームをカットするか、新しいフレームに置き換えるかです。

これらのオプションを試した後に、もう一度ビデオをレンダリングして、うまくいくかどうかを確認することになっています。ただし、レンダリングが完了しても、それぞれのレンダリングされたビデオを削除してはいけません。

これで問題が解決しない場合は、次のステップに進んで、うまくいくかどうか確認してください。

02.iMovieのビデオレンダリングエラーを修正するために、それぞれのビデオクリップがプロジェクトから削除されているかどうかを確認してください。

多くのユーザーにとって、プロジェクトで使用されているビデオを削除すると、iMovieのビデオレンダリングエラーが表示されます。そのため、それぞれのビデオが保存されているかどうかを確認する必要があります。万が一、レンダリングが完了した後にそのビデオを削除してしまった場合は、エラーにつながります。その結果、MacでiMovieのビデオレンダリングエラーが発生します。ビデオをレンダリングしようとすると、ファイルの作成に使用されたすべてのビデオクリップが存在する必要があります。それらのファイルは、最終的な出力を形成するために必要です。一方で、レンダリングはただの"ドローイング"現在のビデオクリップを使ってビデオを作成します。そのため、レンダリング前のビデオクリップを保存しておくことを強くお勧めします。その後、再度レンダリングを行ってみてください。

これとは別に、ファイルの場所を変更した場合にも同じ問題が発生します。ファイルを別の場所に移動した場合、プログラムはそれぞれのファイルが存在しないと認識します。最終的には、iMovieビデオのレンダリングエラーになります。この場合、ファイルを元の場所に戻して、レンダリングゲインを試してみてください。

03.iMovieのビデオレンダリングエラーを修正するために、プロジェクトが異なるファイルフォーマットで構成されているかどうかを確認します。

次の解決策は、プロジェクトに異なる種類のビデオファイルフォーマットがあるかどうかを確認することです。異なるソースからビデオクリップをインポートした場合、それらは異なるフォーマットである可能性があります。この問題に対処する唯一の方法は、それらのフォーマットをすべて一つの互換性のあるフォーマットに変換することです。1つのフォーマットに変換した後は、再びレンダリングできるようになります。ファイル形式が問題であれば、この段階で解決するはずです。信頼性の高いツールを使って、自分の好みのフォーマットに変換してください。

ところで、もっと詳しく知りたい方は iMovieで画面分割をする方法 を簡単に行うことができます。


Part 3: iMovieに関連するその他の一般的なレンダリング問題

実は、動画を操作する際に遭遇する問題は、iMovieのビデオレンダリングエラーだけではありません。他にもいくつかの問題があります。このセクションでは、それらの問題についても説明します。この知識は、あなたのiMovieアプリケーションに何が起こっているのかを把握するのに便利です。

- iMovieでファイルの書き出しに失敗する

このエラーは、お使いのMacに十分な空き容量がない場合に発生します。また、ファイルが破損していたり、ファイル名が正しくないために、ファイルのエクスポートに失敗することもあります。

- iMovieのエラー50

これもかなり一般的な問題で、OS自体のエラーが原因で現れることがあります。

- iMovieのパフォーマンスの低下

あまりにも多くのプログラムやコマンドを同時に実行すると、iMovieのレンダリングに通常よりも時間がかかります。ですから、通常のスピードレベルに戻すためには、そのようなことは避けた方がいいでしょう。

- 歪んだファイル

一部のユーザーは、作業中のファイルをレンダリングした後に、歪んだビデオ出力が発生すると言っています。このエラーの主な原因は、正しくない書き出し設定を使用していることです。この歪みは、オーディオファイルでも発生する可能性があります。


ボーナスソリューション

これまでに何も効果がなかった場合は、専門的なツールを検討する必要があります。ここで使用するツールはWondershare Repairitです。動画ファイルの修復という点では、素晴らしい仕事ができる優れた動画修復ツールです。それは、新しいユーザーにとっても非常にフレンドリーなソフトウェアです。このツールは、様々なエラーが発生するビデオを修復することができる非常にスマートなアルゴリズムを構成しています。それは言った、あなたが使用してビデオを修正するには、以下の記述された手順に従うことができます。 Wondershare Repairit ビデオ修復 ツールを使用しています。

  • 修復作業を始める前に、不具合のあるビデオのコピーをPCに保存してください。
  • 一度、お使いのコンピュータにWondershare Repairitをダウンロードしてインストールしてください。そして、アプリケーションを起動して、そのメインインターフェイスを確認します。
  • というオプションをクリックします。追加"と表示されるので、修復すべきファイルを追加することができます。
修理方法
  • その後、コンピュータに保存されているファイルに移動します。このボタンをクリックすることで、複数のファイルを修復プロセスに追加することもできます。
  • 続いて、「」というオプションをクリックしてください。修理."
修理方法
  • 続いて、「」をクリックします。プレビュー"というボタンを押すと保存."
iMovieのビデオのレンダリングエラーを修復します。

作業が完了したら、修復されたビデオファイルをプレーヤーで開くことができます。処理が正常に完了すれば、何の問題もなく再生できるようになります。前述のエラーメッセージが表示されなくなります。

上記の方法をすべて試しても同じエラーが発生する場合、どうすればよいでしょうか?このような場合は、お使いのコンピューター(OS)に異常がないかどうかを確認してください。システムエラーが発生すると、最終的には使用しているアプリケーションに様々な問題が発生するケースがあります。そのため、システム修復ソフトをダウンロードすることを強くお勧めします。そうでない場合は、OSの再インストールを検討することもできます。OSを再インストールすることで、ソフトウェア関連の問題をすべて解決することができます。


結論

を修正することは iMovieのビデオレンダリングエラー は、これまで述べてきた方法を用いて行うことができます。それらの方法はすべて実用的で、その効果が検証されています。ですから、お使いのMacでそのような問題に気づいた場合は、この記事をガイドラインとして考慮してください。また、この件に関してさらにご質問がある場合は、当社までご連絡ください。当社の専門家が直ちに対応させていただきます。ご協力をお願いします。